とにかく狭かった1k

MENU

とにかく狭かった1k

20歳の時、横浜市のアパートを借りていました。平成2年造で新築物件でした。

 

18歳19歳と会社の寮に居たので、家賃は掛かりませんでした。
広さは、20uの1kでした。6畳の部屋と、台所と通路、ユニットバス、トイレ別です。

 

田舎育ちの私には、異常なほど狭く感じました。

 

バルコニーは狭くて、クーラーの室外機を置くとスペースはほとんどない状態です。
洗濯機は、玄関の外で日焼けしてしまいます。音の関係で、夜洗濯出来ないのが、難点でした。

 

家賃は、63000円で、駐車場が16000円でした。

 

田舎の人からみれば、かなり高額だと思います。
造りは、軽量鉄骨のプレハブ造ですが、横浜は暖かいので寒さは、苦になりませんでした。

 

現在アパートは進化して、部屋に中階段の造りですが、当時は一ヶ所しかない外の鉄骨共用階段です。

 

隣の人とすれ違うことは多かったです。アパート前に、京浜急行が走っているので、電車に乗っている人と目が会うことがありました。
一日何本も走るので、騒音はありますが、住んでいるうちに慣れてきます。

 

強化ガラスを閉めると、騒音は気になりません。弱点は、隣の部屋への壁の薄さです。

 

若い女性が住んでいましたが、夜いびきが聞こえてくる薄さです。
女性が、こんなにもいびきをするのか?と疑問に思っていました。

 

多分、7pくらいで、断熱材は入っていないと思います。友達を部屋に入れて、会話が聞こえてきます。

 

内容は分かりませんが、笑う声が聞こえていました。
もう28年も経過したので、だいぶ古い物件になってしまいましたが、現在はリフォームして変わり果てていました。

 

家賃は、48000円まで落として、管理会社も変わっていました。18歳から22歳くらいの大学生にオススメな物件です。

 

駅にも、歩いていける距離なので、車無しの若い人にあうアパートです。
一人暮らしの良いところは、好きなことが出来て、ストレスがたまらないことです。

 

初めての人は、ホームシックに掛かりますが、一人が気楽に感じたら慣れた証拠です。